大きくする 標準 小さくする

2009年07月02日(木)更新

B2Bウエブ活用ホントのところ

皆さん、こんにちは!

今日は、㈱創の村上肇さんが
豊橋商工会議所にて
「B2Bウエブ活用ホントのところ」と題して
ご講演をされました。

私は、村上さんのご指導のもと
自社の取り組みと成果を
ウエブビジネスの事例として報告させていただきました。
参加者は28名でした。
主催されたのは財団法人あいち産業振興機構さんです。

今回の講演は、8月から11月まで
4ヶ月に渡り開催されますB2Bウエブマスター養成講座に
参加いただける方を募集するための
プレ講演会という位置づけで開催されました。

村上さんのお話は、過去に数十回伺っているはずですが
それでも伺うたびに新しい発見があり
毎回持ち帰るものがあります。さすがですね。

ウエブビジネスでは、お客様は
専門家を求めたり、悩みを解決してくれる人を探したりと
一人ひとりが明確な目的を持って、各サイトを訪問されます。
そのニーズにいかに応え、常にそういった流れができるように
ビジネスモデルを構築することが大切です。

我々は、ビジネスを考える際
安易に「何でもできる、何でも扱える」ことがメリットのように
考えがちですが、自社の強みを明確にして
それをストレートに自分のターゲットとする顧客に訴えることが
成功の秘訣であることを改めて認識させていただきました。

何か得意なものがあれば、その周りの製品やサービスは
目玉商品についてくるものなのです。

今回は、数名の知人に講演をお勧めしましたが
皆さん、大変参考になったと喜んでいただきました。
村上さんに感謝です。ありがとうございます。
参加された皆様は、ぜひ今日だけの感動に終わらせないよう
8月からの本番にもぜひご参加いただきたいと思います。

明日は、名古屋で同様のプレ講演会が開催されます。
参加者は60名ほどになる予定です。
今日の豊橋での参加者とあわせると88名が参加され
その中で、8月からの本番では、一人ひとりに細やかな指導をするため
10社限定になります。ぜひお早めにお申し込みください。

B2Bウエブマスター養成講座は、今年で3年目の開催です。
すでに18社の方々が卒業生として、結果を出されています。
本講座の良さは、その方々も含めた28社がライバルであり
貴重な相談相手になることです。競い合い、学びあうことができるのです。
村上さん、明日もがんばってください。

2009年04月11日(土)更新

歌って踊れて賢いグラビアアイドル!

皆さん、こんにちは!

今日は、昨日投稿された
株式会社フライ・ハイの松田さんの
投稿へのトラックバックです。

事務局様へのお題への
トラックバックは時々しますが
経営者会報ブロガー間でのトラックバックは久々です。

昨日の松田さんが書かれた記事は
私にとってはとても衝撃的で
この不況下で自社の強みを強化するための
すばらしい方法を教えて頂き、大変感謝しております。
ありがとうございます。

町工場の経営者である私は
モノづくりが好きで、モノづくりばかであるため
あまりマーケティングに関しては
勉強してこなかったと反省しております。

今回の松田さんのお話は
当たり前のようですが、意識して実践していないことだと思います。
当たり前が当たり前にこなせないのが世の常で
これができるだけで、他社との大きな差別化に繋がります。

我々モノづくりの世界では
品質、コスト、納期
いわゆるQCDを求められます。

ところが
品質はよくても、納期が守れない
品質はいいんだけど、値段が合わない
そんな声を時々耳にします。

一つひとつは満していても
三拍子揃ってという企業は少ないようです。
ただし、今はどこへ行ってもコストの話ばかりですが・・・。

メジャーなスキルをandで結び
自社の独自性を強化して
顧客をどんどんと絞込み
その強みを求めてみえるお客様を捜せば
どんどん付加価値の高い仕事へ移行できるのですね。

当社は、精密機械器具製造業を営んでおります。

現状では
アルミニウムの加工が得意で
多品種少量、多品種単品加工分野で
微細・精密な部品の製造をされており
何よりも部品の精度、品質を重視され
製品製造の依頼だけでなく
製品の設計段階から、VA,VE提案ができ
共に製品開発に取り組める
スキルをもった町工場を捜してみえる
お客様との出会いを求めています。

近いうちに
稲葉製綱、稲葉専務様に教えていただいた
自社の強み100個を書き出す作業を実践しようと思います。

100個の強みをandで結んだら
すごい強みになりますね!
楽しみです。
(#でも、100個の強みはでないかも・・・(^_^;)

アルミの高精度部品加工のことなら、蒲郡製作所へ!!!

2009年02月26日(木)更新

肇ウィルス蔓延中・・・

皆さん、こんにちは!

今夜は、平成18年度と19年度に
(財)あいち産業振興機構が実施されました
B2Bウエブマスター養成講座の卒業生の皆さんが
一堂に会する交流会が開催され、参加しました。

両年とも、㈱創の村上肇さんが講師を勤められました。

私はかなり遅れての参加でしたが
数社の皆様のサイト運営の現状を伺いました。
まだ、サイトをアップされたり、リニューアルされてから
間もないため、すぐには結果がでていないようですが
少しずつ良い結果を出されている方が多いですね。

グーグルなどのサーチエンジンで高位置に表示されるための方法としては
短期で結果を出すのなら、多少費用を覚悟して、必ず上位表示する
オーバーチュアなどのPPC広告を利用することが近道だそうです。

お金をかけず地道にやるには
ターゲットとなるキーワードを探し、後は地道に更新を続けることですね。
私は両方行っていますが、どちらかといえば後者でしょう。(笑)

ただし、グーグルで自分が決めたキーワードで
自分のサイトが上位表示されたからといって、安心してはいけません。
グーグルは、パーソナライズドサーチを行っています。

パーソナライズドサーチとは
自分のアカウントで、ログインしてキーワードサーチをした際に
いつもその人が見ている癖を考慮して、その人に最適であろうと
思われるサイトから上位表示する仕組みです。

ですから、いつも見ている自分のサイトが
上位に表示されるのは、当たり前ということが起きるわけです。
注意しましょう。

村上さんが、愛知県でご講演されるようになって
数年経ちましたが、徐々に肇ちゃんのファンが増えているようです。
愛知は大阪みたいに、笑いに厳しくないことも幸いしてますね。
簡単に笑いがとれますので。

こうして、終わりっぱなしでなく
ちゃんと後のフォローを怠らない㈱創さん、あいち産業振興機構さまの姿勢は
経営者として、見習わなければならない姿勢ですね。
本日はいろいろと勉強させていただきました。
ありがとうございます。感謝します。

アルミの難しい加工のことなら、ガマセイへ!!!
アルミでこんなもの作れるのか?と思われたら
ぜひ一度お問い合わせください。

何でもできるわけではありませんが
きっとお役に立てるはずです。

20141009bnr.jpg

会社概要

蒲郡製作所は、今年で創業60年になります。常に精密加工の分野で、時代の先端のニーズに応え続けてきました。その間培ったノウハウは、若手に引き継がれ、時代の夢をかたちにするお手伝いを続けております。現在は、満足の一歩先をいくサービスを追及し、「超精密サプライズ加工」と命名して、お客様を驚かす技術力...

詳細へ

個人プロフィール

1960年3月5日生まれ。愛知県蒲郡市出身。モノづくりが三度の食事の次に好き。趣味は、スキーとハゼ釣り。

詳細へ

<<  2017年10月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 上村愛子選手と国母和宏選手を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 バンクーバーオリンピックの開催によりスポーツを通して色々な学びがあります。 ふたつの方向性の違うアスリート...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  *...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。    * ...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  *...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  * ...