大きくする 標準 小さくする

2009年12月31日(木)更新

一年間お世話になりました。

皆さん、こんにちは!

私にとっては、過去の経験したことのない
厳しい経営環境下での一年でしたが
何とかこうして大晦日を迎えられたのも
ご縁をいただきました皆さんのおかげと感謝しております。

一年間、お世話になり、ありがとうございました。
来年も、同様によろしくお願い致します。

毎年、年の初めに
その年の大晦日に一年を振り返ったつもりで
どんな一年にしたいかという想いを書き出しました。

大晦日の今日、その内容を読み返しています。

《微細・精密加工技術の確立》
豊橋技術科学大学、OSG㈱、㈱キラ・コーポレーションと共同で
研究を進めてきました微細・精密加工技術の共同研究では
大学のホールをお借りして、現時点までの研究成果を発表することができました。
でも、目指す目標まではまだまだ遠く
年頭に考えていたことの半分も実施できずに終わりました。
来年は、お客様のニーズの掘り起こしも含め、積極的に活動します。

《エコアクション21の認証取得》
今年、年内の取得を目指した環境マネジメントシステム”エコアクション21”ですが
環境マニュアルの作成後の現場の仕組みづくりがうまく進まず
認証取得は来年に持ち越しです。
しかしながら、環境に配慮したものづくりは今後さらにその必要性を増してきます。
来年、前半での認証取得を目指します。

《3S活動の推進》
図面や資料の電子化が進み、ものを探す時間は大幅に短縮しました。
ただし、日々の業務の中で、ものを探す時間は相変わらずかかっており
今まで以上に整理・整頓・清掃を行うことが必要です。

《新たな顧客ニーズを開拓し、新しい顧客を増やす》
数社の新たなお客様は増えたものの
営業努力で、新たに開拓したお客様はまだまだ少なく
来年は、更に自らがお付き合いしたい分野のお客様を開拓できるよう
インターネットの活用や商談会、展示会への参加を実施します。

《健康維持のため、毎日30分ウォーキングを行う》
今年後半、入会していますe製造業の会にランニングクラブができたこともあり
少しずつ歩いたり、軽くランニングしたりするようになりました。
来年は2月に地元で行われます三河湾健康マラソンに参加します。

《世界市場を視野に入れた営業活動を行う》
今年も、中国、インド、東南アジアの経済の成長が目立つ一年でした。
製造業に関して考えると、来年一年も仕事はどんどんと海外へシフトし
現地生産、現地調達が更に進み、国内の仕事は減少すると考えています。
どんなかたちで進めるのが良いかは模索中ですが
何らかの形で、外に目を向け、仕事を探しに出て行く必要性を感じています。

昨年のリーマンショック直後に予想した内容だけに
一年経った今も、やらねばならないことはぶれていないと思います。
決めたことに優先順位をつけ、一つずつ、継続して実行していこうと思います。

来年もよろしくご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。

 アルミの高精度部品加工のことなら、蒲郡製作所へ!!!

2009年12月23日(水)更新

衛星パーツ納品を終えて・・・

皆さん、こんにちは!

今年6月から半年かけて進めてきました
深宇宙探査機、分かりやすく言えば、人工衛星「UNITEC-1」の
当社担当の部品製造が、先週末に終わり、JAXA様の検査も通って
これでとりあえず、金星まで飛んでいくための第一関門を突破したことになります。

この間、皆さんやマスコミの方からいただいた2つの質問に
お答えしようと思います。

① 「人工衛星のパーツを作った神業を持った職人さんはどなたですか?」

このご質問は、数人のマスコミの方からいただきました。
私の答えは、「当社には、残念ながら、神業を持った職人さんはいません。」
「当社の強みは、全社員の能力を集結した総合力です!」

というわけで、オンリーワンの技術はありませんが
当たり前のことを当たり前にこなし
ものづくり日本の技術者として、当たり前の常識を
共通認識として持っていることが最も大切なことです。

どのパーツのどこが一番大切な部分なのか?
どことどこの直角が保たれていなくてはいけないか?
図面上寸法公差は記載されていなくても、重要な部分は精度良く仕上げることなど
全てを語らずして、良いものが作れることが日本のものづくりの良さだと思います。

② 「なぜ、蒲郡製作所さんは、人工衛星作りに参加できたの?
                    どんな技能や技術があればいいの?」


今回当社が人工衛星を作ることになったのは
愛知工科大学の奥山先生と私が出会ったからです。
このご縁から、衛星作りが始まりました。
「手伝ってもらえませんか?」「やりましょう!」
そんな体育会系のノリで始まったのです。

人工衛星の市場は、今後大きくなるとはいえ
自動車産業のように多くの人が食べていける産業ではありません。
その上、厳しい経済状態の中で、国の予算が削られる中
難易度が高い割には、儲かる仕事ではないと思います。
損得で考えたら、参入しない方が良い分野だと思います。

それでもなお当社が衛星作りを始め、今後も続けていこうとしているのは
衛星作りでは、アポロ計画の時代からずっと
時代の先端技術を駆使したモノづくりが行われており
常にその時のトップレベルの情報を入手できることが最大のメリットです。

この世にないものを考え、生み出していくのですから
常にチャレンジの連続で、わくわくする仕事ができれば幸せですね。
その上、高い志を持った方々が集まり、自然にご縁ができます。

衛星開発では、衛星開発でしか知りえない情報や技術があり
それは開発に係わった人だけが知りうる特権だと思います。
といっても、当社が現時点でそうだと言っているのではありません。
私たちは始めの一歩を踏み出したにすぎません。
スタート地点にも達していない状態です。

衛星パーツ完成の記者会見の際
「なぜ奥山先生が、衛星の重要なパーツである本体とガイドポールを
                      設計製造することになったのですか?」
という質問もありました。

先生のお答えは・・・
「私より優秀な技術者はたくさんいますが
       私は誰よりも衛星作りに対し情熱を持っています!」
そんなお話をされました。
明確な違いを述べることより、先生のこのご発言には、とても熱いものを感じました。


eisei0912
<仮組み立てされた深宇宙探査衛星UNITEC-1> 
 黒く四角い部分は、先日初フライトに成功しましたB-787に多用されています
 CFRP(炭素繊維強化プラスティック)で出来ています。一辺が350mmです。

2009年12月17日(木)更新

フライトモデル仮組み立てを実施・・・

皆さん、こんにちは!

6月から開始した深宇宙探査機「UNITEC-1」は
完成間近となりました。

昨日、当社が担当した衛星内外壁と
姿勢制御用のガイドポール部品を愛知工科大学へ納品しました。
本日、仮組み立てが行われ、午後からプレスリリースが行われます。
明日は、JAXAの方が大学へ確認にみえます。

本日の記者会見の模様は
CBCテレビの報道番組”いっぽう”で放送される予定です。
”いっぽう”は午後4時50分から7時50分の3時間番組ですので
もし、テレビをつけっぱなしで他の仕事をされる方がみえましたら
ご覧いただければ幸いです。
ちなみに”いっぽう”は、中部地方のローカル番組です。

後は、いろいろな検査、試験を経て
来年5月の打ち上げを待つばかりです。

 アルミの超精密サプライズ加工のことなら、蒲郡製作所へ!!!

2009年12月08日(火)更新

市場を創造すること・・・

皆さん、こんにちは!

今回の明大生との一問百答のご質問は
ピータードラッカー氏の「企業の目的は、顧客の創造である」
という主張に対する意見を問われていますが
それに対する直接の回答ができるほど、ドラッカー氏の著書を読破しておりません。

というわけで・・・
私は、昨日の出来事についてお話します。
昨夜は、中小企業家同友会の友人のところへ
今週末開催される研究会の前準備のために
当日の発表者であるMさんの会社を訪問しました。

まずは、会社の沿革から始まり
Mさんが入社されてから、社長に就任されるまでの
いきさつについてお話いただきました。
もう4年ほど前から時々お会いしているのに
活動している地区が違うため、詳しくお話を伺ったのは初めてでした。

Mさんの会社は、創業62年ニットやメリヤスの手袋を作っていて
従業員数十三名の小規模経営ですが
アディダスやナイキといったブランドの手袋の製造では
5割を超えるシェアを持ってみえます。

素人目には編み機で簡単にできそうな手袋ですが
細部に渡りいろいろな工夫がしてあり、この会社でしかできない
オンリーワンの編み方技術を持ってみえるそうです。

多品種少量の分野で、他者との差別化を図り
従来の社長だけの知恵で勝負するオーナーシップから脱却をし
社員さんみんなの英知を集結して、社長はリーダーシップを発揮し
ベクトルあわせをすることで、会社の業績をアップしていこうとされている
経営姿勢を学ばせていただきました。
元気な方のお話を伺うとたくさんのパワーをいただけます。

この会社は、自社の強みを明確にし
オンリーワンの技術力を戦略的に身につけることで
間違いなくお客様を創造している会社です。
Mさんの会社の手袋でないと・・・というお客様がみえるのです。
当社も近い将来、Mさんの会社のように存在意義のある企業になりたいと思います。

最近、会社を閉めるとか、従業員を解雇するとか
暗いニュースや暗い言葉が氾濫しかけておりますが
経営者は愚痴っていても何も変わりません。

経営環境が厳しいと思ったら
積極的に外に出て、営業活動をし
社内にまずいところがあれば、すぐに話し合って改善活動を実施するなど
とにかく前を向いて、笑顔でポジティブに動きましょう!!

明日も私はツイています!!!

2009年12月08日(火)更新

宇宙からメリークリスマス!

皆さん、こんにちは!

現在、取り組んでおります深宇宙探査機UNITEC-1を
宇宙に打ち上げるのにお世話になることになっています
JAXA宇宙航空研究開発機構が超高速インターネット衛星「きずな」を経由して
恋人や家族、友人など大切な人にクリスマスメッセージを送ろうという
素敵なイベントを実施されています。

締め切りは、12月18日までです。
このチャンスに、大切な方の携帯やパソコンに
クリスマスカードを届けてみませんか?

 詳細は、JAXAのページをご覧ください。
  「宇宙からメリークリスマス!」

 アルミの高精度部品加工のことなら、蒲郡製作所へ!!!

2009年12月04日(金)更新

おにぎりのなかみ・・・

皆さん、こんにちは!

最近、いろいろな会合で
夜外に出ることが多くなりました。
午後7時から始まり、9時くらいに終わるパターンが大半です。
参加される皆さんは、会の終了後、どこかで食事をされる方が多いのですが
私は、とりあえずいつもと同じ午後6時から7時前後に食事をしたいと考えています。

徹夜で仕事する時も、健康維持のために
決まった時間に食事を取るよう心がけています。

そのために、家内におにぎりを1つか2つ作ってもらい
途中で食べることが多くなりました。
いつも作ってくれる家内には感謝しております。ありがとう。

つい先日の会話です。
「今日は、ふたつでいい?」

「いいよ。ありがとう。」

「中にみかん入れといたで・・・。」

「ん?中にみかん??」

お馬鹿な私は、一瞬皮をむいたみかんが
お米と海苔に包まれた姿を想像してしまったわけです。
ちょっと休養が必要かもしれません。(笑)

実際のところは
コンビニ袋の中にペットボトルのお茶と
おにぎりがふたつ・・・そして食後のくだものとして
みかんがひとつ入っていました。

onigiri09120401

2009年12月02日(水)更新

「東三河医工連携フォーラム2009」を聴講

皆さん、こんにちは!

昨日は、豊橋商工会議所で行われました
第二回東三河医工連携フォーラム2009が開催され
途中からの参加でしたが、介護機器や医療機器のお話を伺いました。

パワーアシストといって人の動きを補助する道具や
入浴用の介護リフトの開発事例を伺ったり
医療機器を製品化するために必要な薬事法についてのお話があり
たいへん興味深く拝聴しました。

中でも一番元気をいただいたのは
株式会社テルモの上席主任研究員三澤さんの
「医療機器産業の現状と将来」と題したお話でした。

まずは、医療機器の進歩の歴史についてお話いただきました。
驚いたのは、人工腎臓が世界で最初にできたのが1943年
心臓のペースメーカーができたのは、1957年なのだそうで
私が生まれる前から、そういった医療機器が世の中にあったとは知りませんでした。

これからの医療機器産業の動向については
現在、高齢化が顕著な日本ですが
今はそれほどでもない中国や韓国、インドといった国々も
今後20年で日本を上回る勢いで高齢化社会になくなるのだそうです。

そうなれば、”早く、質が高く、リーズナブルな医療サービス”を受けたいという
世界の需要は増大し、大きな市場となることは間違いありません。

今後、世界に向けて開発し、発信するものがあれば
自社製品が医療機器分野でのグローバルスタンダードとなる
絶好のチャンスと言えます。

また、日本は国策としても医療に注力しており
今後成長する産業のひとつです。
とはいえ、言うのは簡単ですが、医療機器開発には、短くても10年
長いものでは数十年の年月がかかり、中小企業ではとてもできません。

ではどうすればよいのでしょう。
製品開発することを考えるのではなく
中小企業は、医療機器メーカーの部材供給業者として
高い技術力、提案力を身につけ
高付加価値の部品を提供すればよいのです。
聞けば聞くほど、当社にはもってこいの市場ではないかと感じました。

三澤さんのお話では
体内に埋め込むカテーテルやペースメーカー、人工心肺などのパーツを依頼すると
「医療機器に使うなら、リスクが大きいから作りたくない!」
と言われることがあるそうです。
そんな時にはぜひ、蒲郡製作所をご指名ください!(笑)
きっとお役に立てるはずです。

 アルミの高精度部品加工のことなら、蒲郡製作所へ!!!
 
 ちなみにチタンも加工します!

2009年12月01日(火)更新

ちょっとした贅沢・・・

皆さん、こんにちは!

私は、自分で言うのも変な話ですが
物欲というものが少なく
例えば車は、走ればいいほうなので
高級車志向志向ではないです。

ただ、毎日使う文房具にはこだわりがあります。
こだわりと言えるほどのことではありませんが
写真のような上質紙のノートとスムーズに書けるボールペンを使っています。
ノートは、通常のものに比べ、倍くらいの価格ですが書きやすいノートです。

ボールペンに関しては
滑らかさをより出すために太さ1mmのものを使っています。
細字の好きな方には、いろいろな太さが用意されています。
太字で書くために、当然のことですが細字に比べ
インクの減りが早く、通常同じものを2本持ち歩いていますが
早い時だと1本半月で無くなります。

というわけで
換芯を購入し、外はそのままに使っています。
よろしければ一度お試しください。

p。s
シャープペンシルは、記者の方が愛用されている
速記用の”プレスマン”というφ0.9mm2B芯を愛用しています。
これは、あくまで濃く太い字を書きたい方向けです。

 アルミの高精度部品加工のことなら、蒲郡製作所へ!!!

 okiniiri
  キャンパスノート MIO PAPER とJETSTREAM

20141009bnr.jpg

会社概要

蒲郡製作所は、今年で創業60年になります。常に精密加工の分野で、時代の先端のニーズに応え続けてきました。その間培ったノウハウは、若手に引き継がれ、時代の夢をかたちにするお手伝いを続けております。現在は、満足の一歩先をいくサービスを追及し、「超精密サプライズ加工」と命名して、お客様を驚かす技術力...

詳細へ

個人プロフィール

1960年3月5日生まれ。愛知県蒲郡市出身。モノづくりが三度の食事の次に好き。趣味は、スキーとハゼ釣り。

詳細へ

<<  2009年12月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 上村愛子選手と国母和宏選手を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 バンクーバーオリンピックの開催によりスポーツを通して色々な学びがあります。 ふたつの方向性の違うアスリート...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  *...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。    * ...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  *...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  * ...