大きくする 標準 小さくする

2011年09月03日(土)更新

衛星パーツ部品作りもアイデアが大切?

皆さん、こんにちは!

昨年の暮れから、名古屋大学のご依頼で
2013年に打ち上げ予定のX線天文衛星「ASTROーH」
部品製作の御手伝いをしています。

今回製作している衛星は、X線天文学の分野で
世界最高の性能を持つ宇宙X線天文衛星になる予定です。
この衛星には、たくさんの世界初の技術が使われています。

そのためには、我々モノづくり屋に対しても
過去に経験したことのないような加工技術が求められます。

とはいっても、最新鋭の工作機械と測定技術を使い
何とかできるものから、今回ご紹介するように
ちょっとした工夫しただけで作れるものもあります。

写真ではわかりにくいですが
これは、0.3mmの鉛の板をドーナッツ型に切り抜いて
3か所にφ3.5mmの穴をあける作業です。

ホームセンタに売っている簡単に円形に切り出せる
特殊なカッターナイフと皮に穴をあける際に使用する
打ち抜き用のポンチを使い、製作しました。
今回は、私が考えたのではなく、大学の技師の方に教えていただきました。

先端のモノづくりでは、常に新しいことへのチャレンジが求められます。
こうしたモノづくりの現場でもっとも嫌われることは
やりもしないであきらめることです。

大学の先生は、理論的に物事を考え
理屈に合わないことは、されないのかと思っていましたが
とにかくチャレンジして、困難に立ち向かう姿勢が求められます。

さらに、常に結果を出すことも求められます。
厳しい世界ですが、何とかクリアできた時の喜びは
何にも代えがたいですね。
いつも前向きに挑戦してくれる社員さんに感謝します。

アルミの超精密サプライズ加工のことなら、蒲郡製作所へ!!!



20110903_2-300x0-300x0-300x0.jpg20110903_1-300x0.jpg