大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


ご縁を大切にする年に!

投稿日時:2008/06/15(日) 11:34rss

皆さん、こんにちは!

私にとって、今年一年は、「ご縁を大切にする年」です。
今年だけなの?とおっしゃる方もおみえでしょうが、
今年は特に年頭からそう思いました。
私は、今年で48歳になりました。
ねずみ年、年男です。

なぜ、特別な年なのか、なぜそう思ったのかと問われても、
特別な理由があるような、ないような。(笑)

この年になって、人とのかかわりあいの大切さを痛感し、
ずっとワンマン経営をしてきたことを反省し、
人間ひとりで生きているわけではなく
たくさんの皆さんのおかげで、
これまで生きてこれたことに気づき、
今更ですが、感謝しています。

経営者会報ブログは、設立当初から存じ上げておりました。
一時は、参加しようと思いましたが、
申し込み寸前で止めてしまいました。
この時も、特に参加を取りやめた理由があったわけではありません。
自分では、機が熟していなかったのだと思います。

今年、2月、IT講演会の講師として、鹿児島にお招きいただきました。
遠いし、3日も会社を空けることになります。
どうしようかと迷いましたが、
講演会に参加予定の150名の方々との出会いは、
二度とあるかどうかの良いチャンスです。
今回は、お引き受けすることにしました。

鹿児島へ伺うと決まったと同時期に、数人の方から
「鹿児島に行くのなら、ぜひ知覧の特攻記念館を見てくるといいよ。」
「きっと、この先の人生が変わるから。」とご助言いただきました。

無事講演が終わり、私は、翌日友人にお勧めいただきました
知覧特攻平和会館を見学しました。

太平洋戦争末期、沖縄にアメリカ軍が上陸し、
敗戦色が濃くなっていく中で、
最終兵器として、戦闘機でアメリカ海軍の軍艦に
体当たりするという特攻攻撃が行われました。
知覧にも、この特攻隊が出撃する飛行場があり、
20歳前後の若者が出撃されたそうです。

この記念館は、特攻攻撃を称えるためのものではなく、
史実を後世に正しく伝え、世界の恒久平和のために建てられた施設です。
英語版のパンフレットには、
「Peace MUseum for "kamikaze "Pilots」と書いてありました。

館内には、飛燕、疾風といった当時の戦闘機が
展示物として、真っ先に目に入ってきました。
しかし、メインの展示物は、百人を超える特攻隊員の遺書です。
年は、17歳から20歳前後の若者が多く、
いずれも優秀な選ばれた方々だったそうです。
しかも彼らの多くは、いずれ日本が敗戦国になることを知りながら
自らが特攻しても、結局戦局は変わらないことも知りながら、
お国のためにと、沖縄の海に散っていったのです。

中には、敗戦後の日本の行方を危惧した内容の遺書もありました。
今、平和な時代に生きている私たちですが、
こうした人々の犠牲の上に、今の日本の繁栄があることを
忘れてはいけないと思います。
どの遺書にも、両親や兄弟、親戚の方への感謝のことばと
先立つ不幸をわびる言葉が綴られていました。

さらに、必ず敵艦に体当たりし、轟沈させるから
心配しないようにと書かれていました。

その無念さを思うと、普通に生活できる幸せを
改めて考え直さなければいけません。

記念館を見た後、近くにある鳥浜トメさんの資料館にも行きました。
トメさんは、”特攻の母”と慕われた方です。
当時は冨安食堂というお店を営まれていたそうです。
この記念館には、トメさんの生涯と彼女と特攻隊員との
ふれあった遺品、写真が展示され、真実を伝えることで、
二度とこうした特攻の悲劇が繰り返されないことを祈って作られたそうです。

鳥浜トメさんのことばの中で、特に心に響いたふたつのことばをご紹介します。

 「なぜ生き残ったのか考えなさい。
   何かあなたにしなければならないことがあって、生かされたのだから。」

 「よきことのみを念ぜよ。必ずよき事来る。
   生命よりも大切なものがある。それは徳をつらぬくことである。」


この言葉も、私が年を重ねた今だから理解できる言葉なのかもしれません。
3日間連続で投稿しましたが、
今後は少しずつ力を抜いて、続けようと思います。
よろしくご指導ください。

桜島

トラックバック一覧

コメント


いいお話をありがとうございます

こんにちは!
いつもありがとうございます!

高嶋さんのブログ経由でやってきました(笑)

鹿児島に行かれたんですね。
私は行ったことがありませんが
特攻隊の話は心に響きました。

自分だけで生きているような気になってますが
周りの人、そしてご先祖様、戦争で亡くなった方
すべてのご縁のおかげで自分が今あるのですね。

>生命よりも大切なものがある。それは徳をつらぬくことである。

はい。大事にしたいと思います。
ありがとうございます。

Posted by いよりん at 2008/06/17 00:26:00 PASS:

ピックアップさせていただきました!

伊藤さん

酒井です! いよりんさんがおっしゃる通り、よいお話だと思いました。遅ればせながら、伊藤さんのご紹介かたがた、拙ブログのピックアップコーナーで記事をご紹介させていただきました。
これからもよろしくお願い申し上げます!

Posted by 編集部兼事務局・酒井俊宏 at 2008/06/17 17:17:00 PASS:

よろしくお願い致します。

酒井さん、こんにちは!

早々に取り上げていただき
ありがとうございます。

経営者会報ブログへの申請も
メールで出したつもりがそのままに
なっていたような、間抜けなやつですので
よろしくご指導ください。

今後ともよろしくお願い致します。

Posted by 伊藤@蒲郡製作所 at 2008/06/17 21:33:00 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
90ad117eb639331a193e9471f4e221d8.png?1519550911
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

蒲郡製作所は、今年で創業60年になります。常に精密加工の分野で、時代の先端のニーズに応え続けてきました。その間培ったノウハウは、若手に引き継がれ、時代の夢をかたちにするお手伝いを続けております。現在は、満足の一歩先をいくサービスを追及し、「超精密サプライズ加工」と命名して、お客様を驚かす技術力...

詳細へ

個人プロフィール

1960年3月5日生まれ。愛知県蒲郡市出身。モノづくりが三度の食事の次に好き。趣味は、スキーとハゼ釣り。

詳細へ

<<  2018年2月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

コメント一覧

最新トラックバック

  • まかせたろ 上村愛子選手と国母和宏選手を語る from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 バンクーバーオリンピックの開催によりスポーツを通して色々な学びがあります。 ふたつの方向性の違うアスリート...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  *...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。    * ...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  *...
  • 【ブログピックアップ】蒲郡製作所 伊藤智啓さん from 経営者会報ブログ編集部
    「ブログピックアップ」では、 経営者のみなさんの書かれたブログの中から、 お薦めのブログをご紹介しています。 今回のお薦めブログは 蒲郡製作所の伊藤智啓さんです。  * ...